全銀TCP/IP手順

 

全銀TCP/IP手順とは

昨今の企業のネットワーク化・オープンシステム化の整備等により、一般的に普及している廉価な全二重モデムを使用したいとのニーズを踏まえ、インターネットで利用されているプロトコルを使った全銀協標準通信プロトコル−TCP/IP手順−が制定されました。

ご利用にあたっての環境

・パソコン
・通信ソフト(全銀協標準通信プロトコル−TCP/IP手順−)
・モデム(INS64回線をご利用のお客様はTA)
以上のものをご用意いただくことになります。

接続の条件

モデム
モデムをご用意の際は、次の仕様をご確認ください。
(
基本仕様)
通信方式:全二重
同期方式:調歩同期式(非同期)
通信速度:30056,000bps
通信規格:ITU-T V.90/V.34/V.32bis/V.32/V.22bis/V.22/V.21準拠
(
拡張仕様)
エラー訂正:MNP Class4,Class10/ITU-T V.42準拠
データ圧縮:MNP Class5/ITU-T V.42bis準拠

T A
TA
をご用意の際は、次の仕様をご確認ください。
速度整合(変換)方式はITU-T勧告V.110に準拠する。
回線インタフェース:Iインタフェース
同期方式:同期式
通信速度:〜64kbps

セキュリティ
共同CMSセンターは認証サーバ、ファイアーウォールにより外部の侵入を防止する信頼性の高いセキュリティとなっております。
お客様のご利用にあたっては、前もって共同CMSセンターへ次のお客様情報を登録していただきます。
・認証用ユーザID
・認証用パスワード

ベーシック手順との比較